ペットの基礎知識 特別篇
【白内障 1】

「白内障」について、質問を受ける機会が増えています。

そこで、今まで質問に答えてきた内容をまとめてみました。


『白内障ってどんな病気?』

[白内障]

白内障は眼球内の水晶体が白く濁る病気です。

水晶体は、カメラでいえばレンズに相当します。

レンズの白さと比例して、写真の画像も不鮮明になってくるのと同じで、 水晶体の白濁が進めばそれに伴って見えにくくなっていきます。

中高齢の犬で多くみられますが、若い犬や猫でも起こることがあります。

初期のうちは何となく白い程度なのでよく観察しないと気づきません。

進行すると、

・昼間でも暗い所を嫌がる
・暗いところでは動きが遅くなる
・夜の散歩で電柱などにぶつかる
・動く物を眼で追わない

など、視力低下を疑わせる症状がみられます。


[核硬化症]

白内障と似たものに核硬化症があります。

水晶体(レンズ)の中心には「核」と呼ばれる硬い部分があります。

「核」はまるで玉ネギのように何層もの薄い層でできていて、この層は年をとるたびに中心に向かってどんどん圧縮されていきます。

圧縮された「核」に光を当てると、光が乱反射してまるで水晶体が濁ってしまったかのように白く見えるのです。

一見すると白内障と同じように見えますが、視力低下は軽度で物にぶつかることはほとんどありません。  

しかし、核硬化症の子も白内障になりますから、注意は必要です。


『白内障、どんな前兆がみられるの?』

[前兆]

水晶体(レンズ)が白くなる変化は、縁から始まり、中心へと進んでいきます。  

早期の白内障では、

白濁は水晶体(レンズ)の縁にだけ見られ中心は透明のまま

なのです。  

つまり、普通に見て、水晶体(レンズ)が白く見えたら白内障が進行してしまっている状態なので、それはもう早期の白内障ではありません。

白内障を早期に発見するためには、水晶体(レンズ)の縁をチェックする必要があります。

しかし、このチェックにはちょっと手間がかかります。

水晶体(レンズ)の様子をよく見るためには明るさが必要ですが、明るいと瞳孔が小さくなって水晶体(レンズ)の中心しか見えなくなってしまいます。

水晶体の(レンズ)の縁を調べるためには、明るくても瞳孔が小さくならないように散瞳剤の点眼が必要になります。

この検査は動物病院で行うことができます。

  


『白内障になって本人(犬や猫)はどんな気持ちなの?』

犬も猫も、はとんどが生まれたときから近視です。

水晶体の厚さが人の約2倍ほど厚いので、近くのものにはピントを合わせやすいですが、遠くにあるものや70cm以内のごく近いものにはピントを合わせにくいのです。

犬や猫の視力を人の視力で現すのはなかなか難しいですが、あえて言うなら、人の平均的な視力を1.0としたら、犬の視力は0.3、猫で0.1くらいだろうと言われています。  

しかし、動体視力は優れています。

1秒間に30フレームを表示するテレビ画像などは、犬や猫が見るとコマ送りにしか見えないそうです。  

このように、犬や猫は、人のようには視力が発達していないため、視力の低下による不便さは人ほどではないと推測されます。

しかし、見えにくくなれば、確実に生活に支障が出てきます。  

早期に発見して、早期に治療を始めるのが望ましいのは、他の病気と同じです。


次回は治療について…

関連記事

【 プードルに多い目の病気・白内障 】

copyright(C)1999〜 高円寺アニマルクリニック
ホームページに掲載の文章・画像・写真などを無断で複製することは法律で禁じられています。
すべての著作権は高円寺アニマルクリニックおよびBridgeに帰属します。
MENU

高円寺アニマルクリニックのTOPへ
高円寺アニマルクリニックの設備、スタッフ、診療方針等々の情報ページです
高円寺アニマルクリニックまでの地図
ペットの基礎知識
当院の「先生に質問」はこちらまでどうぞ
当院が監修した記事掲載の書籍をご案内します
初診でおいでになる飼い主さま用記入フォームです
このHP全体をご案内します
MRI/CTのキャミック
ペーパークラフトの部屋
スケジュール予定表
お問合せフォーム