ペットの基礎知識 特別篇
【白内障 2】

「白内障」について、質問を受ける機会が増えています。

そこで、今まで質問に答えてきた内容をまとめてみました。


『白内障の治療法は?』

白内障の治療には、内科的治療と外科的治療があります。

内科的治療:点眼薬、内服薬

白内障が初期で症状が軽度であれば、点眼液や内服薬によって進行を遅らせる治療を行います。

この場合、「白内障を改善していくのではなく、進行を遅らせる治療である」ということをしっかりと理解して行う必要があります。

点眼や内服薬で白内障は改善しません。

点眼治療で白内障が改善するならば、犬でも人でも手術は必要ないはずです。

外科的治療:水晶体摘出

白内障が進行し日常生活が困難となっている場合、唯一の治療法は、水晶体を摘出する手術です。


『手術の成功率は年齢によってどのくらい違うの?』

人の白内障の手術は、今では全身麻酔も必要ない日帰りで行うこともできる手術ですが、犬ではそういうわけにはいきません。

犬の水晶体(レンズ)は人の水晶体よりとても大きく、炎症反応も強くおこるため、犬の白内障手術は人の白内障手術よりも難度が高い手術です。

白内障手術の成功率は、年齢よりも目のコンディションに左右されます。

白内障手術の成功率は年々高くなっていますが、合併症のリスクを伴うため十分な検査と検討が必要です。  

白内障でも、下の条件を満たさない場合は、手術はできません。

・緑内障など、他の眼疾患がないこと

・視力がまだ残っていること

・麻酔をかけられる全身状態であること

・手術前、手術後の点眼、投薬ができること


『おまけ ・上手な点眼の仕方』

白内障だけでなく、結膜炎や、角膜炎などでも点眼薬が処方されます。

目薬をもらってきたはいいけれど、 「うまくさせない!」 お困りの方多いんじゃないでしょうか?

そこで、犬や猫にうまく点眼するコツです。

STEP1  目薬の準備

飼い主が目薬を手にとると、逃げたり隠れたりする子も多いはず。

目薬は犬や猫の目の届かない所でキャップを外し、手に握って隠しておきます。

STEP2  目薬をさす

犬や猫を座らせるか伏せをさせます。

背後から頭上へ、さっと目薬を持った手を近づけ 反対の手で、軽く上まぶただけを上に引いて目を開き、 それと同時にポタっと点眼します。

☆ワンポイント・アドバイス☆

・目薬が視界に入らないように頭の後ろからもっていきましょう。

・点眼は1滴で十分です。
入ったかどうか自信がないときはもう1滴入れましょう。

・一度でささっと済ませてしまうのがコツです。
時間がかかってしまうと、うまくいかないことが多いです。

STEP3  とにかくほめる

できたら必ずおおげさにほめましょう。

飼い主さんが喜んでいると、犬や猫も楽しいと学習します。

ご褒美にいつものフードやおやつをあげてもいいと思います。

◎嫌がって暴れる犬の押さえ方

片方の腕で抱き寄せ、回した手の親指・人差し指・中指で両前脚をしっかり挟み、押さえます。

◎嫌がって暴れる猫の押さえ方

猫は犬と違い からだが柔らかいので、四肢を押さえても咬まれたりします。

ネット(大きめの洗濯ネットがお勧め)に入れたり、バスタオルで包んであげましょう。

関連記事

【 プードルに多い目の病気・白内障 】

copyright(C)1999〜 高円寺アニマルクリニック
ホームページに掲載の文章・画像・写真などを無断で複製することは法律で禁じられています。
すべての著作権は高円寺アニマルクリニックおよびBridgeに帰属します。
MENU

高円寺アニマルクリニックのTOPへ
高円寺アニマルクリニックの設備、スタッフ、診療方針等々の情報ページです
高円寺アニマルクリニックまでの地図
ペットの基礎知識
当院の「先生に質問」はこちらまでどうぞ
当院が監修した記事掲載の書籍をご案内します
初診でおいでになる飼い主さま用記入フォームです
このHP全体をご案内します
MRI/CTのキャミック
ペーパークラフトの部屋
スケジュール予定表
お問合せフォーム