高円寺アニマルクリニック
ライン
猫の手帳質問集

第37回
赤ちゃんと猫、仲良くできる?
Q.

結婚3年目の私たち夫婦。最近、子供を持つことを考え始めています。

ところが、ひとつだけ気がかりなのが、私が結婚前から飼っている5歳のメス猫のこと。

とにかく私にべったりの甘えん坊で私を独占したがって、困らされてることもしょっちゅうです。

よく我が家に来る小学生のいとこ遊んでいる時など嫉妬心からか、または私の関心を引きたいからか、いとこのカバンの上におしっこしたりすることも。

赤ちゃんが生まれたら、果たして仲良くやっていってくれるのか、とても心配です。

猫が喜んで赤ちゃんを迎えてくれるために何かできることはありますか?


A.

人が生きていく中で、暮らす家族の構成が変わることは少なくありません。

結婚したり、今回のように赤ちゃんが生まれたり、増える場合だけでもいろいろなケースがあります。

猫と暮らすにあたって問題となるのは、人が減る場合より増えた場合のほうが多いようです。

今まで一緒に生活していなかった人と同居を始めると、猫がその人に馴れずに怖がったり避けたりすることがあります。

特に幼い頃にいろいろな種類の人(年齢や性別など)と出会う機会が少なかった猫は、新しい同居人になかなか馴れてくれない傾向があります。

猫が拒む態度を示しても、無理やり馴れさせよぅとしないで下さい。

逆効果になることがほとんどです。

猫のほうから馴れてくるまで、辛抱強く待ってください。

新しい家族が赤ちゃんの場合、もう少し違う対応や配慮も必要になってきます。

一般に、猫は犬や兄弟の幼児のように嫉妬心から問題行動を起こすことは少ないですが、赤ちゃんが来たことで、猫にとって著しい不利益(ケージに入れられる、隔離される、頻繁に叱られる、まったく相手にされないなど)がもたらされれば、赤ちゃんに対して悪い印象を持ってしまいます。

赤ちゃんを迎えるにあたって、猫の行動に制限を加える予定なら、赤ちゃんが家にやってくる少し前から始めておきましょう。

行動の制限と赤ちゃんを結びつけられないようにするのです。

猫や犬と幼児の間に問題が起こり始めるのは、ハイハイが始まる時期からです。

赤ちゃんが自分で動けるようになり、猫に興味を持ち始めてからトラブルが起こってくることが多いようです(この時期の注意点は次の機会に述べます)。

まず、次の項目が自分の猫に当てはまるかどうかチェックしてみましょう。

●食べ物に強い興味と執着心を示す

●狩りをする、外出自由

●投薬や爪切りをさせない、もしくは抵抗する

●新しい人や状況を怖がる

●飼い主や他の人に攻撃性を示すことがある


この中に該当するものがあれば、注意が必要です。

1〜2個該当するなら、赤ちゃんと同じ部屋にいさせてよいが、2人きりにはしないこと。

3個以上なら、赤ちゃんと一緒にして安全な猫とはいえません。

別の部屋で飼いましょう。

猫が赤ちゃんの寝具や衣類に、排尿排便することがあります。

とんでもないことですが、悪意や嫉妬からの行動ではありません。

マスク・マーキング行為といって、慣れない赤ちゃんのにおいを自分のにおいで覆うことで、不安を紛らわそうとしているのです。

赤ちゃんが増えたという新しい状況に慣れようとしているのですが、ストレスが高まってしまい、このような行動をとってしまうのです。

努力している過程で出てくるものなので、決して猫を叱らないで下さい。

前もって、赤ちゃんのにおいのついたタオルなどで慣らしておくのもよいでしょう。

「君も頑張っているんだね」位の大きな気持ちで、より優しく時間を割いて接してあげてください。


【 疑問・質問等、お問合せはこちらまで 】

ライン
copyright(C)1999〜 高円寺アニマルクリニック
ホームページに掲載の文章・画像・写真などを無断で複製することは法律で禁じられています。
すべての著作権は高円寺アニマルクリニックおよびBridgeに帰属します。
MENU

高円寺アニマルクリニックのTOPへ
高円寺アニマルクリニックの設備、スタッフ、診療方針等々の情報ページです
高円寺アニマルクリニックまでの地図
ペットの基礎知識
当院の「先生に質問」はこちらまでどうぞ
当院が監修した記事掲載の書籍をご案内します
初診でおいでになる飼い主さま用記入フォームです
このHP全体をご案内します
MRI/CTのキャミック
ペーパークラフトの部屋
スケジュール予定表
お問合せフォーム