高円寺アニマルクリニック
ライン
猫の手帳質問集

第24回
私の足にばかり攻撃してくるのですが…。
Q. 2歳になるオス猫(去勢済み)なんですが、毎晩私が寝ようとすると私の足に攻撃してくるんです。

じゃれているつもりにしては血が出るほど強く引っかくし、布団の中まで執拗に足を狙ってきます。

叱るともっと興奮するらしく、攻撃も強くなります。

私は1人暮らしで、昼間留守番させているのでストレスを感じているのでしょうが…。

何とか、やめさせる方法はありますか?

A.

動いている手や歩いている足に突然飛びかかったり、何気ない仕草に反応して攻撃を加える猫は少なくありません。

飼い主への攻撃性の問題行動なのですが、凶暴性の問題行動とは区別 して考える必要があります。

子猫は成長の過程で色々な遊びを通して運動機能や社会性を発達させていきます。本来の子猫の成長環境では、5−6ヵ月齢まで兄弟と遊んで過ごします。

しかし、人と生活している猫の多くは、もっと幼い時期(2−3ヵ月齢)に強制的に親や兄弟と離され、新しい生活をスタートします。

そのため、母親や兄弟の代わりに飼い主が遊び相手になります。

相談のオス猫は、飼い主と遊びたがっているのです。

ストレスがたまって凶暴になっているわけではありません。

この猫の場合2歳と若く遊び盛りなので、完全室内飼育で昼間−人でお留守番となると、唯一の遊び相手の飼い主が帰ってくるのを心待ちにしているはずです。

飼い主としては十分遊んであげているつもりでも、若い猫にとってはまだまだもの足りないのです。

まだ遊び足りないのに大好きな飼い主は寝てしまいます。

ある日「もっと遊んでよ」ってちょっと足を引っかいたら遊んでくれた(飼い主は叱っているのですが、猫は遊んでくれたと感じて興奮します)。

これで猫は、足を引っかいたりかんだりすると飼い主が反応するのがわかりました。

こうなると怒ったり叱ったりするのは逆効果です。

興奮しているところに刺激を与えることで、さらに過激な行動を誘発してしまいます。

このような時は飼い主が直接叱るのではなく、水鉄砲や柑橘系スプレーなどで罰を与えることがいいでしょう。

これで興奮に水を差されて、落ち着くことがあります。

ただ、このような対処法は一時的なもので、ベースには“遊び足りない”という問題が残っているので、これを解消していく手だてが必要です。

放っておくと別な問題行動に発展する可能性もあります。

一番いい方法は十分遊んであげることです。

我が家の『悟空』は紙袋を使った遊びや縛ったタオルを追いかける狩り遊び、懐中電灯のあかりを追いかける遊びが大好きです。

色々な遊びグッズも売られているし、猫の好みに合わせて自分で工夫するのも楽しいですよ。


【 疑問・質問等、お問合せはこちらまで 】

ライン
copyright(C)1999〜 高円寺アニマルクリニック
ホームページに掲載の文章・画像・写真などを無断で複製することは法律で禁じられています。
すべての著作権は高円寺アニマルクリニックおよびBridgeに帰属します。
MENU

高円寺アニマルクリニックのTOPへ
高円寺アニマルクリニックの設備、スタッフ、診療方針等々の情報ページです
高円寺アニマルクリニックまでの地図
ペットの基礎知識
当院の「先生に質問」はこちらまでどうぞ
当院が監修した記事掲載の書籍をご案内します
初診でおいでになる飼い主さま用記入フォームです
このHP全体をご案内します
MRI/CTのキャミック
ペーパークラフトの部屋
スケジュール予定表
お問合せフォーム