高円寺アニマルクリニック
ライン
猫の手帳質問集

第11回
去勢手術したのに交尾のような行動はなぜ?
Q. 2歳のオス猫を、完全室内飼いしています。

ずいぶん前から「ニャー」と何かを訴えるように鳴いては、私の腕や足、首筋に噛み付いて、交尾の動作をします。どうやら私を交尾の相手にしたいようです。

こういった行動は主人に対しではなく、私にだけです。

発情する前に去勢手術をしたのにもかかわらず、このような行為をするのはなぜでしょうか?

A.

猫の去勢、または避妊手術を受けた後の行動には、とても個体差があります。

手術をした後、性的な行動を示す猫と、示さない猫がいます。

メスでは発病期の後に手術した場合、オスでは性的成熟期に達する生後12ヵ月齢以降に手術した場合には、ある程度の性行動が残ることが少なくありません。

発情前や性的成熟期前に手術をしても軽い性行動のようなサインを示すこともあります。

特に集団で飼育されている去勢猫・避妊猫では、次のような行動がよく見られます。

●オス:マウンティング、メスを取り合うときの鳴き声。

●メス:腰を突き出す、ローリング。


去勢、または避妊手術を行えば全く性行動がなくなると考えている飼い主は、このような行動を見ると、驚いたりがっかりするようです。

しかしこれらの行動は性的な遊びとして解釈される行動で、去勢・避妊された犬の世界ではもっとよく見られます。

体と体を接触させる性行動が、群れにおいての祉会行動として取り入れられ利用されているのです。

ですから、完全に去勢・避妊が行われているコに、このような行動が見られても、決して異常ではありません。

相談のオス猫の場合も、去勢した時期に関係した性行動ではないと思います。

飼い主と猫で作られた群れの中で社会性が形成され、その中で出てきた行動でしょう。

スキンシップ表現の1つとして解釈してあげてください。

ご主人(男性)には全くその行動を示さず、奥さん(女性)にだけ示すのは、奥さんにより親密感を抱いているからではないでしょうか。

親近感を抱いている相手や大好きな相手(または好きになって欲しい相手)と、もっとスキンシップを取ることで安心を得たいのでしょう。

この行動をこのまま続けさせていっても、将来病気になったり大きな問題になることはほとんどありません。

あきらめて好きにさせている飼い主も少なくないでしょう。

でも、この行動が迷惑だったり苦痛であるのなら、不快感を示したり、別 の方法でのスキンシップを人間サイドから積極的に試みたりして、今の行動をおさめていきましょう。


【 疑問・質問等、お問合せはこちらまで 】

ライン
copyright(C)1999〜 高円寺アニマルクリニック
ホームページに掲載の文章・画像・写真などを無断で複製することは法律で禁じられています。
すべての著作権は高円寺アニマルクリニックおよびBridgeに帰属します。
MENU

高円寺アニマルクリニックのTOPへ
高円寺アニマルクリニックの設備、スタッフ、診療方針等々の情報ページです
高円寺アニマルクリニックまでの地図
ペットの基礎知識
当院の「先生に質問」はこちらまでどうぞ
当院が監修した記事掲載の書籍をご案内します
初診でおいでになる飼い主さま用記入フォームです
このHP全体をご案内します
MRI/CTのキャミック
ペーパークラフトの部屋
スケジュール予定表
お問合せフォーム