「犬の暑さ対策 4」


6.犬の夏バテ

夏になると熱中症以上に尋ねられるのが「夏バテ」についてです。

人でもよく夏バテという言葉を口にしますが、「夏バテ」ってどんな状態を言う のでしょうか?


「熱中症」と「夏バテ」の違い

「熱中症」は、体温が一気に上昇したり、上昇した体温を下げられない状態が続 くと起こる高温障害です。

高温状態が続くことで、体のいろいろな機能が障害されて、障害の程度が強ければ早急に処置をしないと、命にも関わるというほど危険な状況になります。  

対して、「夏バテ」は暑さが原因で起こるところは一緒ですが、高温障害ではなく、自律神経系の乱れになどよって現れる様々な症状のことです。

 夏バテには様々な原因が絡み合っているのですが、
・自律神経の不調
・水分不足
・胃腸の働きの悪化
の3つが大きな原因といわれています。

犬の体は、高い気温の中でも体温を一定に保とうとします。

犬にとって、上がった体温を下げるのはかなりの負担になりますが、多くの場合は耐えることができます。

しかし、負担が強かったり、負担が長く続くと、体の中に溜まった熱を外に出し切れなくなってきます。

熱を出し切れない状態が続くと、自律神経のバランスが乱れてくるのです。
血管を広げたり、呼吸を増やしたりして、体温を一定に保とうとするのは自律神経の働きによって行われます。

それに加えて、エアコンディションがされている現代の犬は、屋外と屋内の気温と湿度の大きな違いにも対応しなくてはならないので、さらに自律神経の乱れが起きやすくなっているようです。

「夏バテ」の症状は、真夏だけではなく、気候の変化が激しい梅雨時や初夏、初秋にもみられます。


夏バテの症状はいろいろあります。

・食欲不振、食欲の低下。
・元気ない、動きたがらない。
・反応が鈍い。例えば、声をかけてもすぐに反応しないなど。
・下痢や軟便。
・場合によっては、発熱。

とはいえ、主な症状は食欲の低下や下痢などの消化器症状です。
人では、自律神経の乱れによる消化器系の症状に、食欲不振や胸焼けがあります。
犬や猫でも、同じような症状がみられると考えられます。

自律神経は、交感神経と副交感神経の異なる神経系によって支配されていますが、

胃や食道、十二指腸や小腸大腸などの消化器を支配している副交感神経は、特に自律神経の乱れの影響を強く受けてしまいます。

副交感神経がうまく働かなくなると、胃液の分泌の乱れ、胃の内容物を腸に送り 出す運動力の低下、などが起こります。

具体的には、
  胃酸分泌過剰による胸焼けや胃液の嘔吐
  胃の攪拌運動(かくはんうんどう:かきまぜる運動)低下による食事の未消化と嘔吐
  胃の蠕動運動(*)低下による食事の停滞と嘔吐
  胃の拡張能力の低下による食欲不振
  腸の運動低下による消化吸収不良と下痢
などの症状がみられます。
*蠕動運動:ミミズのような、または波のような消化管の動き
 腸の筋肉の収縮と弛緩によって、食べ物等を食道から直腸に送り出す運動


自律神経の不調を防ぐ対策

1.脱水の予防:

脱水は自律神経のバランスを崩します。
犬は人のように汗をかかないので、さほど水分を失っていないように思われますが、呼気に含まれる水分として少なくない水分を放出しています。

犬が1日に必要とする水分は、1日に必要なエネルギー量とほぼ同じといわれます。

500kcalの食事を摂っている犬には500mlの水分が必要になります。
しっかり飲んでくれる場合は良いですが、飲水量が足りない場合には冷たい水や氷、 電解質飲料などを使って十分な水分摂取をさせてください。

2.規則正しい生活:

規則正しい生活は交感神経と副交感神経のリズムを整えます。
   

軽い散歩は血流を増やし、自律神経の活動を高める効果があります。
短い時間で良いので、涼しい時間を選んで出かけてあげましょう。
昼間は明るいところで過ごしましょう。
夜に眠気を誘う成分のあるメラトニンの分泌量が多くなるからです。

 3.激しい温度差を避ける

エアコンの効いた室内と外気温の差が自律神経を乱します。
また、季節の変わり目も同じように体調を崩しやすくなります。



【 疑問・質問等、お問合せはこちらまで 】


copyright(C)1999〜 高円寺アニマルクリニック
ホームページに掲載の文章・画像・写真などを無断で複製することは法律で禁じられています。
すべての著作権は高円寺アニマルクリニックおよびBridgeに帰属します。
MENU

高円寺アニマルクリニックのTOPへ
高円寺アニマルクリニックの設備、スタッフ、診療方針等々の情報ページです
高円寺アニマルクリニックまでの地図
ペットの基礎知識
当院の「先生に質問」はこちらまでどうぞ
皆さんの情報交換ページです
当院が監修した記事掲載の書籍をご案内します
初診でおいでになる飼い主さま用記入フォームです
このHP全体をご案内します
MRI/CTのキャミック
ペーパークラフトの部屋
スケジュール予定表
お問合せフォーム