「療法食について」

動物病院で扱っている食事には、「総合栄養食」と「療法食」があります。

「総合栄養食」は、犬や猫が必要とする栄養素をすべて含み、そのフードと新鮮な水を一緒に与えるだけで健康を維持することができるように、理想的な栄養バランスに調整された食事です。

「療法食」とは、特定の病気に対応するために、特別に栄養のバランスが調整された食事を言います。


療法食ってどんなもの?
「療法食」は、食事の成分や量などを調整することで、病気の進行を抑えたり、症状を軽減させたり、病気の臓器を守ることを目的としています。

人間でも、糖尿病や腎臓疾患、心臓疾患に対して、特別な食事によって治療をサポートすることが行われています。

同じように、犬や猫でも、健康管理のために食事の内容を考えることが必要となります。

病気にかかった場合、症状を悪化させる栄養素を減らしたり、病気の改善に効果のある特定の栄養素を増やしたりしてあげないといけません。

しかし、飼い主さんが、ペットの病気に合った栄養バランスの食事を、美味しく、毎日作り続けるのは、かなり難しいことです。

そこで、継続して効果的な食事を与えることができるように、病気の種類や症状にあわせた療法食が作られるようになりました。

「療法食」の多くは、「総合栄養食」に近い栄養バランスを満たしています が、病気を管理するための特殊な組成をもつフードなので、間違った療法食を与えてしまうと、逆にコンディションを悪くしてしまうこともあります。 専門的なアドバイスや指示が必要な食事ですから、獣医師に処方してもらいましょう。
例えば、
・食物繊維中心の療法食は体重管理に向いていますが、摂りすぎると下痢などの症状を引き起こしてしまいます。

・心臓疾患用の療法食は、体重減少や食欲不振に対処している為、高栄養で高嗜好性なので、太りやすいです。

・消化器に良い高消化性の療法食は、腸管の消化吸収力の減少も考慮して、少ししか吸収されなくても栄養が摂れるようになっています。

この食事も太りやすいです。

治療に合った食事を選ばないと、効果が得られないばかりか悪い影響すら出かねないことになります。

予防目的で使う場合でも、同じことが言えます。

療法食は、必要な時に、必要なものを、獣医師を相談した上で選んで使っていくようにしましょう。


【 疑問・質問等、お問合せはこちらまで 】


copyright(C)1999〜 高円寺アニマルクリニック
ホームページに掲載の文章・画像・写真などを無断で複製することは法律で禁じられています。
すべての著作権は高円寺アニマルクリニックおよびBridgeに帰属します。
MENU

高円寺アニマルクリニックのTOPへ
高円寺アニマルクリニックの設備、スタッフ、診療方針等々の情報ページです
高円寺アニマルクリニックまでの地図
ペットの基礎知識
当院の「先生に質問」はこちらまでどうぞ
当院が監修した記事掲載の書籍をご案内します
初診でおいでになる飼い主さま用記入フォームです
このHP全体をご案内します
MRI/CTのキャミック
ペーパークラフトの部屋
スケジュール予定表
お問合せフォーム